病院の移転

今日は病院に行って来ました。
新しい病院に移転してからの初の外来だったので、受付や診察室に行くのに多少戸惑いました…。
(診察室にて)
認定看護師Sさん「病院キレイになったでしょう?」
自分「そうですね! そう言えば、こないだSさんNHKのニュースに出てましたよね?」
認定看護師Sさん「あらそう? 私、双子なの。私じゃないんじゃないかしら。」
自分「えっ  そうなんですか?だって自分、家族と一緒にテレビを見ながら『この人がいつもお世話になってる認定看護師のSさんだよ。』って言っちゃいましたよ。」
看護師Oさん「Sさん、照れてるのよ。(笑)」
認定看護師Sさん「もう、マスクもして、業務に専念しようと思ってたのに~。」
自分「それじゃあ自分の家族には『あれはSさんの双子の妹さんだったんだって。』って言っときます。」
認定看護師Sさん「そう訂正しておいて頂けるとうれしいわ~。(照)」
一同「(笑)」
と言うことで、NHKのニュースに出てたのは、やっぱりSさんでした。
ご本人がことのほか照れてるのが意外でした。(笑)
Sさん、今後ともよろしくお願いします。

病院の喫煙事情

例えば病院では敷地内全面禁煙が法的に義務付けられています。

すると何が起きるかというと火事の危険なんです。

入院患者さんが非喫煙者ばかりとは限りません。
敷地内が全面禁煙だと、隠れて吸われてしまうんです。

病室のベッドが焦げていることもありますが、
職員から目の届きにくいところで吸われると、
職員の目に届きにくいところから火の手が上がるのです。

特に夜勤とか、一病棟に看護師が一人か二人程度の夜勤者しかいない病院がほとんどなのに、
自力で動けない患者さんはたくさんいるのです。

本当に隠れて吸われると危なすぎるのです。

また駅から何メートル以内もダメというケースがありますが、
その駅周辺の近所の住宅街も
タバコが道に散乱したりして困っています。
住民に目立たないところで消火していないタバコが捨てられたりとか。

ある程度は、喫煙所を認めて、
喫煙者への配慮も必要だと思います。

マナーの悪い喫煙者は、何をするか分からないので危険です。

私は、喫煙者に対してヒステリックに厳しくいいませんが、
マナーのわるい喫煙者は目立ちます。
また、本人たちに自覚はないと思います、

今回の場合は市役所ですが、
極端に取り締まるのはいけないと思います。

医療事務の仕事を探す

失業してから考える事といえば、次の仕事の事。
私は今、夢と現実の間で揺れ動いてる…
メンタル持ちになってから、助けられる事が多くなった。
その反面、体調が安定してきてから、逆に人を助ける仕事に就きたいと思って、パン屋のバイトをしながら医療事務の勉強をして資格を取った。
実際、医療事務の求人は少ないし、倍率もすごい。
経験者が優遇される医療事務は、未経験だとハードルがある。
1ヶ月就活をしてみて、難しいんだなって痛感した。
そこで悩みが…
失業したから、これから未収入になる私。
そんな私が夢を追い続けて、親にお金を借りて就活してもいいのだろうか?
それとも、いつでも辞められるバイトをしながら、医療事務の就活をし続けるか?
もう、どこでも何でもいいから就職するべきか?
メンタルの看護師さんに相談しても、結局は自分で決めることだと言われ、何も解決策が見つからず…
まっ、ごもっともなんだけど…
親に借りたお金だと、おもいっきり使えない。
趣味やプライベートに使えない。
しばらく悩みたいところだけど、そんな訳にもいかないんだよなぁ…
とにかく、決まった曜日、決まった時間で働く事は第一条件。
明日からまた探そう…(*_*)

病室でのこと

心拍数は50から60
血中酸素も99%
酸素を6リットルまで下げる。

食事がとれないので点滴を開始。
500mlを24時間かけて入れる。

17時半
母の姉夫婦が到着

今日は病室へ泊まるべきか相談する。
看護師は、今日は大丈夫だろう、とのこと。

私の最終電車は19時発
ギリギリまで迷ったが
あんな祖母と、母を置いては長野に帰れない。
もう一泊することにした。

私がいるならと母の姉夫婦は帰宅。

母と私は、面会時間ギリギリの20時までいて帰宅した。
今日は
祖母に 帰るよ、と言うと

わかった様子。

いつ呼び出されてもいい覚悟で帰宅した。

皮膚科と美容外科

腕に5㎜くらいのほくろが3つあるんですが、 昨日その一つから出血がありました。
引っ掻いたか何かだろうけど、年々大きくなって盛り上がってきてるし。
と言うわけで、ネットでいい感じの皮膚科を探して行ってきました。
たまには結果の出る治療しないとやってらんねーっつーの。
先生に見せたら「どっちも良性だよ」と言われて一安心。
取ることも考えてることを伝えたら、当院は皮膚科兼形成外科なので可能、
しかも良性なのでレーザーでいけると。
(疑わしい場合は病理検査に回すので、切り取らねばならない)
更に、一個なら保険で出来るとのこと。(一個5,000円)
ただ、二個以上だと美容整形になってしまうので、保険適用外だそうで。(1mm3,000円)
同じ日に混合診療は出来ないので、まず保険で一個取ることに。
ネットでいろいろ体験談を読んでいたので心配はなかったけど、
さすがに処理当日はちょっとドキドキで病院へ。
看護師さん「目元はどうします??隠します?」
私「あ、じゃあ隠してください。」
看「はい、じゃあガーゼをこんな風にするからね。暑いからちょっと冷たくするね。」
看「毛布どこやったかな・・・、あ、暑いからタオルケットの方がいいか。」
私「(笑)それでお願いします。」
とても和やかで緊張が和らぎました。
麻酔の注射が噂通り痛くて、その後また緊張したけど。
でも、レーザーは違和感だけで痛みもなく、終わった後傷跡を見せてくれましたが、
焼け焦げた部分がほくろのように黒かったので、
「本当に取れたの?」って感じでした。
ちなみに、肉が焼ける匂いでふと焼き鳥屋のにおいがする・・・と思ってしまった。
自分は鶏肉に近いのか
処置後、軟膏と透明な紫外線保護&防水シールを貼って終了。
横になってから10分くらいで、本当にあっという間でした。
防水シールなんで今日からお風呂も入っていいそうです。
(剥がれたら消毒して張り替える、それだけでいいそうです。)
来週もう一個を取ったら、後は傷が癒えるまで日焼けに気を付けて
(ほくろが再発しやすくなる)しばらく過ごすだけです。
ケアは少々面倒だけど、ほくろを取るってこんなに簡単なことだったのかと衝撃。
また、いい病院&先生に出会えてよかった。
予約もネットで出来るし、今後の何かで肌トラブルがあっても超安心。

看護師求人ランキング

子供の死

昨日の朝、骨肉腫の00くんのママから電話があって、今朝亡くなりました。。。との知らせがあった。

訃報を聞いた時私は仕事中だったので、何とか涙をこらえながら仕事をしていた。
電話越しに彼女は号泣していた。

聞いてからというもの、私は仕事に集中できず、ずっと00くんのことを考えていた。

取り敢えず、始業式で早く帰宅してる息子に電話をし、そのことを伝えた・・・

その日の晩、私は仕事から帰宅し、バタバタと疲れてる体にムチ討って息子にご飯を食べさせたり、旦那や愛犬のご飯の用意や学校の提出書類にサインをしてその夜、友達の家に向かったダッシュ(走り出す様)車(セダン)

そして、遺体の置いてある部屋へ案内されて見たら・・・・

本当に本当に、目も口もうっすら開いていて眠っているようだった。
そして私は00くんに声をかけた。

「00くん、00くん聞こえてる?よく頑張ったな~・・・よく痛みと苦しみに耐えたな~・・・お疲れさんやった~よく頑張ったよ~(号泣)辛かったな~(その後涙で言葉がでない)」

息子「00ぅ~?よぉ~頑張ったな~しんどかったな~・・・ありがとう~」

私は、息子が00くんの額に手を当ててなでている姿をみてまた泣いてしまった・・・

すごく遺体は小さくて、本当にものすごく辛かったたらーっ(汗)

友達がゆっくりと語ってくれた。

亡くなる2日前、呼吸が苦しそうになってきたので救急車を呼んでん。
まだ其のときは私の作ったご飯やアイスを食べてくれて、おいしいといってくれたり、かだ会話ができててん。
全身の痛みも幸いよく効いてくれたから痛みも治まってたし、高熱もお薬で下がってたからまだ救いやってん。
肺に水が溜まってるから呼吸が苦しそうで、チューブからマスクに切り替えてん。
でも、しんどいのがマックスに達してるから、5分置きに24時間、枕の位置を変えてやったり、体勢変えないといけなくてこっちももうそれで疲労の限界やった。。。

本人は、苦しいのが辛くてその不安からか、5分置きにママ~ママ~って必死に助けを求めてやった。本当に私、辛くて辛くて(友達号泣)

で、急に00が変なことをいうねん。
違う世界の人が僕を連れて行こうとするねん、助けてママ~って・・・・

どうして判るんやろうな~こんなこといったの初めてやったからビックリして。

で、当日の早朝6時、友達は看病疲れで00くんの横で爆睡してしまっていた。
遠くの方で「00くん?00くん?息をしてexclamation ×2息をしてexclamation ×2
という看護師の声で目が覚めたときにはもう亡くなっていたんだと・・・

本当に、苦しんでのた打ち回ることもなく、すぅ~っと眠るように息を引き取ったから、不幸中の幸いと友達は泣きながら話してくれました。たらーっ(汗)泣き顔

もうちょっとしたらお通夜なんで、頑張って辛いけどいってきます

医療ミス(見落とし)

昨日娘を迎えに行って、帰ってきて
「大事な話がある」と。

どうせ、くだらない話だろ。

と思ったら、そうでもない。

「ジサががんだって」と。

でも本人いない。

詳しい話も良くわからず、なんのことだかさっぱり??

そして朝話を聞くと
癌かなんだかわからないとのこと。

検査が8日、9日手術。

いったいなんの手術ですか?病名は?本人に聞くと「さぁ?」と。

・・・・・・・・・・・・・・・

っていうか
手術の日程とか、手術するいきさつとか家族を呼ぶのが普通じゃね?
手術するくらいの病状であれば、家族呼んで病状説明するのが普通だろ。
なのに説明した紙を見るも
本人と看護師のサインがあるだけで、親族代表の欄が空白。
普通ありえないだろw

更に赤字で
「8日夕方ごろ手術説明するので家族を連れてきてください」と書いてある。

いや他の人でもびっくりするだろ。
紙を渡して8日手術説明があると言われれば、「なんの手術だよ」となる。

第一癌だったら、
2月に入院したとき検査したときに発見できるだろ。
退院前にも検査して異常なかったから退院したわけだし。
これこそ病院側の完全なミスだろ。
さすがT病院。

カテゴリー
お気に入り